「第59回技能五輪全国大会」

 

厚生労働省中央職業能力開発協会(JAVADA)が主催の12月17日から20日まで、「第59回技能五輪全国大会」が12月17日から20日まで開催されます。

原則23歳以下の青年技能者たちが「技」日本一を競うもので、42職種で1,028人の選手が参加予定。日本の技術力を継承し発展させる人材の育成のためにも注目して情報を多くの人に届けていきたい大会です。

worldskills.jp

2021年最低賃金

10月は最低賃金の改正があります。神奈川県は昨年から28円プラスの1,040円です。
改定が必要な場合、給与の締日が末締めの場合ですと改定はしやすいですが、15日締や20日締等、月の途中に給与の締切がある場合は、9月30日までの労働日は従来の時給と、10月1日からの労働日は新時給と分けて計算が必要です。
勿論、給与の計算起算日(9月30日以前)から新時給に改定し計算しても、労働者に有利な変更は問題ありません。

10月1日発効(10月1日労働分から適用)の都道府県がほとんどですが、日にちの異なる県もあります。時給と発効日を確認しておきましょう。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

2021年 「働き方」withコロナ

暫くはコロナと共存しながらの生活となりそうです。

「働き方」withコロナ

企業は、事業内容や事業運営方法の見直し、働き方、モチベーション維持の方法など

じっくり検討する年なのかなと思います。

私自身も、今後の業務内容や業務方法について見直しをしていこうと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

2020年仕事納め。2021年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年は一生忘れられない年となりました。

事務所を開業して20周年となる今年、本来であれば「東京オリンピックパラリンピック」が開催され、節目の年、モチベーションがあがる予定でした。

新型コロナウイルスにより、先行きが見えず、不安な状況のまま仕事納めの日となりました。

少しだけ良いこともあったかなと思います。それは、必要に迫られて、「テレワーク」「リモート会議」「ペーパレス」などの働き方の改革が一気に進んだことです。

顧問先もそうですが、弊所の業務も随分改善しました。

アフターコロナになった時に、より一層飛躍できるよう、今できることをする、今はその時期だと思っています。
一日も早くこの状況が終息に向かうことを切に願います。

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新しい仕事のスタイル Zoom利用

新型コロナウィルスと共存が続く状況で、新しい生活様式の日常、新しい仕事のスタイルも定着してきました。Zoomの利用も、最初は画面に映る自分の顔を見るのも戸惑いがありましたが、利用しているうちに、今では必須のツールとなりました。

「移動時間が必要なく、相手の顔、声を聞きながら、書類を共有しながら話せる」

少し空いた時間ができた時、この部分だけを確認したい時、こういう時にもZoomを利用することで、1ケ月に1回の訪問より、4回のZoom利用の方がコミュニケーションも高まり、またタイムリーに業務を処理することができて、生産性も高まるのではないかなと思います。

*HPリニューアルしました。

複数の事業所で勤務している労働者の労災認定方法が法改正されます。

明日から9月です。8月はコロナ対策+熱中症対策で、少々疲れ気味ですが、虫の鳴き声に秋の気配を感じようになり、もう少しで涼しくなるよねと、自分に言い聞かせています。

複数の事業所で勤務している労働者の労災認定方法が明日、9月1日、法改正されます。 https://www.mhlw.go.jp/content/000645682.pdf

労災により休業する大体の場合が、本業も副業も休むことになるので、今回の改正は理にかなっていると思います。