読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iDeCo 個人型確定拠出年金

先週、確定拠出年金の勉強会に参加しました。

個人型確定拠出年金は、今年1月に法改正があり、専業主婦、公務員の方を含め、基本的60歳未満のすべての人が加入できるようになりました。掛金(保険料)が全額所得控除されること、運用益も非課税で再投資されること、受け取るときも税制優遇措置(一時金は退職所得控除、年金は公的年金等控除の対象)の税制優遇措置があります。給付方法は、原則5年以上20年以内の有期の老齢給付金(全部または一部を一時金として受け取ることも可能)ですが、不慮の事故の場合には障害給付金、死亡一時金の給付があります。

公的年金の支給開始年齢が段階的に65歳になることを見据えて、自助努力の年金も必要かもしれません。